ネットラジオ

98

アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.78」2012年7月24日
M 1. ANURYZM--- Sintax Of Trinity (UAE)
M 2. THEORIZED --- Genetic Variants(India)
M 3. ANCIENT SPIRIT --- Perfect World (Hong Kong) 
M 4. JUKATOR --- Phantom’s Clutch (Hong Kong)

ネット放送局UNIMIXはこちら
YouTubeでの視聴は こちら
YouTube上での番組アーカイヴは こちら

アラブ首長国連邦から現代のメタルのオイシい所取りプログレッシヴ・メタル、ANURYZMの登場。

オールド・スクールのスラッシュ・メタルからモダンなスタイルへと変貌を遂げようとしている姿を捉えるTHEORIZEDのシングル。

この先、香港のゴシック・メタル界をリードする存在になるか、ANCIENT SPIRIT。

その実力はYAHAMA ASIAN BEAT 2011でも実証済み。香港から明日を担う若手のプログレッシヴ・メタル、JUKATOR。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.77」2012年6月2日
M 1. ALBATROSS --- Uncle Sunny At The Tavern (India)
M 2. DEAD CARNATIONS --- Berharap Mati(Indonesia)
M 3. R.U.S.T. --- Forged In The Fire Of Metal (Cyprus) 
M 4. NU.CLEAR.DAWN --- Falcon And Crow (Syria)

インド初の本格的シアトリカル・ホラー・メタル、ALBATROSS。より表現力が豊かになり、ストーリー性も充実してきた2枚目のEPから。

グルーヴ主体のメタルからこのセカンド・アルバムでめまぐるしく暴れ回る、テクニカル・グルーヴ・デスへと変貌したインドネシアのDEAD CARNATIONS。

地元のバンドのみならず、NWOBHM関連、80年代メタルのバンドをも招聘するフェスティヴァルを開催するキプロスのR.U.S.T.。80年代メタルの本流を心底愛し、人生を賭して表現する男達の生き様。

混沌のシリアから、メタル史にその名を刻む、様式美プログレッシヴ・メタル、NU.CLEAR.DAWN。公式な形で発売されたシリア初のメタル・アルバムとして知られる彼らのデビュー・アルバムは男としての生き様、美学を貫くコンセプト形式。泣け!
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.76」2012年3月20日
M 1. MEEN --- Kassir l 2zez (Lebanon)
M 2. MEEN --- Banodoura(Lebanon)
M 3. KEKAL --- Private School Of Thought (Indonesia) 
M 4. CRESCENT LAMENT --- Victims of Discrepancy (Taiwan)


レバノンのポピュラーなロック・バンドMEEN。彼ら独自の風刺やユーモアを交えた歌詞、いかにも中東といったメロディやユニークな曲展開、親しみやすいポップさを楽しんで頂ければ良いと思います。あくまでも、レバノンという持ち味を強烈に出しながらも、古典に走らず、現代的な表現をしているバンド。

インドネシアのアヴァンギャルド・メタル・バンドとしてヨーロッパでも知られるKEKAL。メンバーが全員脱退するも、KEKALは永遠の命を持って再び動き出す。衝撃的な復活作にして新たなるスタート。

これまで台湾が負ってきた歴史から生まれる台湾人ならではの感情を、女性ソプラノをメイン・ヴォーカルとするゴシック・メタルで表現。彼らが生み出した反戦の物語は多くの人の感情に訴えかけるはず。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.75」2012年2月17日
M 1. TENGGER CAVALRY --- Golden Horde (China)
M 2. AL NAMROOD --- From The Dust Of Ignorance(Saudi Arabia)
M 3. GREY SHACK --- Gonzo (India) 
M 4. ARRAYAN PATH --- Dies Irae (Cyprus)

中国は北京から、モンゴル楽器を使用した遊牧民メタル/ペイガン・メタル、TENGGER CAVALRY。アジアならではのスタイルを存分に堪能あれ。

おそらく一番有名なサウジアラビアのメタルバンド、AL NAMROOD。オリエンタル・ブラック・メタルの砂嵐が吹き荒れる。

シンプルなロックンロールを演奏するも、実はかなりのテクニシャンであるインドのGREY SHACK。デビュー前の音源を紹介。

キプロスのメタル界を引率するエピック・パワー・メタル、ARRAYAN PATH。Nicholas Leptosの強靭な歌声が世界に響く日も間近!
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.74」2011年12月27日
M 1. EKOVE EFRITS --- Hills Of Ashes (Iran)
M 2. HUMILIATION --- Frontrunner(Malaysia)
M 3. QUADRAPHONIC --- Tick Back (Cyprus) 
M 4. ATMOSFERA --- Diam (Indonesia)

イランから深く深く思考してその果ての境界線を超えようとする注目のシネマティック・ポスト・ブラック・メタル、EKOVE EFRITS。

2011年11月に来日を果たしたマレーシアのHUMILIATION。90年前後のデスメタル群に影響され、ミドル・テンポでじわりと渋さを演出する若手。

キプロス初の本格的プログレッシブ・バンド、QUADRAPHONIC登場。ここからキプロスのプログレ史が始まる。

世界を驚愕させたインドネシアのプログレ、DISCUSの創設者であるIwan HasanがFadhil Indraと共に開始したエキゾチック・ジャズ・ポップ・バンド、ATMOSFERAのデビュー・アルバム。やっぱりプログレってます。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.73」2011年11月21日
M 1. NARJAHANAM --- Al Aukhera (Bahrain)
M 2. HELL SAVIOR --- Gardians Of Glave(China)
M 3. TENGGER CAVALRY --- Wolf Blood (China) 
M 4. BAISHUI --- Time (China)

地獄の炎をまとい、闇の帝王の貫禄も十分なバーレーンのNARJAHANAM。芯の確かなヘヴィさとアラビックな灼熱の霊気を発散するデス/ブラック・メタル。

北京から80年代正統派メタルを継承するHELL SAVIOR。こういった若手が育ってくれれば!と願わずにはいられない。

HELL SAVIORのギタリストが開始した遊牧民メタルTENGGER CAVALRY。丘の向こうまで響くホーミー、草原を震わせる嘆きの馬頭琴、そして勇ましき騎兵隊が駆け抜けるが如きリズム。

都会の喧騒で疲れ果てた誰もが心に描きたくなる田舎のイメージをそのままに再現する、中華風牧歌フォーク。行ったこともない景色が心の奥から沸き上がってきます。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.72」2011年9月21日
M 1. JADAL --- La Tloum (Jordan)
M 2. BLIND IMAGE --- More Than Human (India)
M 3. GRUESOME MALADY --- Ingest The Excrement (India)
M 4. SUICIDAL --- War (Singapore) 
M 5. FUSEBOXX --- Uyayi (Philippines)

ヨルダンからアラビック・ロックというスタイルを確立させ、それを一般レベルにまで浸透させた立役者、Mahmoud Radaideh率いるJADAL。

2011年11月にオーストラリア・ツアーを敢行することに決まったインドのジェントでグルーヴィなBLIND IMAGE。ガッツリとヘヴィにスタイルを変化させた2009年のセカンド・アルバムから。

活動は停止してしまっても、忘れちゃいけないインドの歴史に残るであろう変態ゴアグラインド、GRUESOME MALADY。メンバーはDYING EMBRACEで活動を再開。

今年から密かに活動を再開させていたシンガポールのrawなブラック・メタル、SUICIDAL。まずはお試しの新曲を。

フィリピンのプログレ・シーンを支える貴重かつ重要なシンフォ系バンドfuseboxx。ファースト・アルバムから6年の歳月を経て放たれる高品質の楽曲はプログレ・ファン必聴。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.71」2011年7月18日
M 1. DOGMA--- My Games (Armenia)
M 2. DEVOID ---Battle Cry (India)
M 3. WHISPER OF TEARS --- Night's Journey (China)
M 4. SIU2 --- Double (Hong Kong)

アルメニアのフォークロアを取り入れたエスニックなプログレ、DOGMA。アルメニアのロック界を支える重要なバンド。

インドはムンバイから熱いデスラッシュ、DEVOID!

中国では珍しいネオクラシカル。広州のLamia嬢のWHISPER OF TEARS。

香港の若き天才、Ng Cheuk Yin(笙/Organ/E.Piano/Chinese Percussion)が率いるプログレッシヴ中華フュージョン楽団、SIU2。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.70」2011年6月12日
M 1. ALBATROSS --- In The Court Of Kuru (India)
M 2. PSYCHO ---Mater Lachrymarum...Mother Of Tears (Singapore)
M 3. KIMAERA --- A Silent Surrender (Lebanon) 
M 4. LORD SYMPHONY --- The Journey And Release (Indonesia)

Andy LaRocqueがマスタリングを手がけたシアトリカルなインドのホラーメタル、ALBATROSS。食人をテーマにした2010年のデビューEP『Dinner Is You』から。

歪なイメージをデス/スラッシュ/ブラック・メタルにのせて表現するシンガポールのホラーメタル、PSYCHO。2011年のデビュー・アルバム『Pain Addict Pigs』から。

ゴシックな要素も垣間見せるレバノンのアトモスフェリック・デス/ドゥーム・メタル、KIMAERA。より、ヘヴィでダーク、そしてオリエンタルな要素を盛り込んだ2010年のアルバム『Solitary Impact』より。

もはやワヤン・メタルと呼びたい、インドネシアの伝統音楽を取り入れたエピック・パワー・メタル・バンド、LORD SYMPHONY。2010年のデビュー・アルバム『Bharatayudha Part 1』より。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.69」2011年4月29日
M 1. RUDRA --- Illusory Enlightenment (Singapore)
M 2. GUILLOTINE --- Crave (India)
M 3. AMOGH SYMPHONY --- Osiris 1 (India) 
M 4. MONTECRISTO --- A Romance Of Serendipity (Indonesia)

Vedic Metalなるジャンルを確立し、王座に君臨するシンガポールのRUDRA。今春、ついにBrahmavidya三部作の完結編Immortal Iをリリース。アグレッションはそのままにメロディの充実を計り、オリエンタル度がアップ!

インドから将来有望な若手のプログレッシヴ・メタル・バンド、GUILLOTINE。進化した北欧デス・メタル群のエッセンスとメローでプログレッシヴな展開はまさに21世紀のバンド。

インドの天才、Vishalと凄腕アメリカ人ドラマーJimがタッグを組んで放ったAMOGH SYMPHONYのセカンド・アルバムは2010年度最強のアルバム。あらゆるミュージシャンがぶっ飛ぶ、超絶のインストゥルメンタル・ポスト・プログレッシヴ・メタル!

70年代のクラシック・ロックから90年代のオルタナティヴ、プログレッシブ・メタルまで幅広く影響を受け、枯れた味わいとアナログ的感触をもつインドネシアのプログレッシヴ・ロック・バンド、MONTECRISTO。シンフォと泣きが好きなら要チェック。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.68」2011年2月20日
M 1.EATLIZ --- Berlin (Israel) 
EATLIZ INTERVIEW
M 2.EATLIZ --- Lose This Child (Israel) 
M 3.LUNARIN --- Zero Poin Red (Singapore)
M 4.WYNKEN DELIRIUM --- Gudmunsdottir (Malaysia)
M 5.GOD BLESS --- Dunia Gila (Indonesia)

ひねくれた楽曲をポップに聴かせるスマートなイスラエルのアーティスティックなバンド、EATLIZ。より成熟したセカンド・アルバムからシングル・カットの曲とビデオ・クリップになった曲を。

憂いを帯びたヘヴィな楽曲で社会に対する疑問をぶつけ、自分の存在を、あり方を見つめるシンガポールのLUNARIN。

マレーシアはジョホール・バルにて東南アジアの伝統様式と70年代風味満載のスラッジを融合する注目バンド、WYNKEN DELIRIUM。

インドネシアのプログレッシブ・ロック・バンドであると同時にインドネシア・ロックを代表するバンド、GOD BLESS。結成から36年目にリリースしたアルバムから。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.67」2010年12月28日
M 1.ROTOR --- My Name Is "SANTET" (Indonesia) 
M 2.SKRYPT --- Supremacy (India)
M 3.THY FALLEN KINGDOM --- Death Train (Singapore)
M 4.WON --- Majesty (Korea)

インドネシア・スラッシュ界のパイオニアであり、METALLICAのオープニング・アクトを務めたROTOR。自己のスタイルを追求し続けてたどり着いたのはなんとも奇妙な音楽。

女性ギタリストということで注目を集めるインドのSKRYPT。矢継ぎ早にテクニカルでうねるリフを繰り出すプログレッシヴ・デス/スラッシュ。甘く見てると痛い目にあうぜ!

80年代のベイエリア・スラッシュを基本に据えたシンガポール、期待のスラッシュ・メタル・バンド、THY FALLEN KINGDOM。

韓国の正統派ヘヴィ・メタルを死守するWON。メイデンに対するトリビュートで作った曲を紹介。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.66」2010年11月7日
M 1.IN MEMORIAM --- Comeback To Life (Indonesia)
M 2.THEORIZED --- Venomous Tormentia (India)
M 3.INCARNATION OF SETH --- Throne For Grievance (Singapore)
M 4.THE UNWANTED --- Pelangi (Singapore)

ゴシック、シンフォ、ファンク、ジャズの要素をメタルの形状を通して創り上げるインドネシアのプログレッシヴなバンド、IN MEMORIAMが2009年にリリースしたセカンド・アルバムからタイトル曲。

ESCHER'S KNOTでベースを弾いているMadhavがヴォーカルを務めることでも知られるBangalore、期待のスラッシュ・メタル・バンド、THEORIZEDのデビューEP。

2010年にデビュー・デモを発表したシンガポールの若手メロディック・デス・メタル・バンド、INCARNATION OF SETH。女性ヴォーカルが強烈。

シンガポールのロック・ヒストリーにおいて、欠かすことの出来ないバンドのひとつ、THE UNWANTED。1983年のデビュー・アルバムからタイトル・トラックを紹介。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.65」2010年9月17日
M 1.POWER METAL --- Sang Waktu (Indonesia) 
M 2.ESCHER'S KNOT --- Anonymous Origins (India)
M 3.THRILOKA --- Maha Ravana (Sri Lanka)
M 4.STIGMATA --- March Of The Saint (Sri Lanka)

インドネシアの純血正統派ヘヴィ・メタルを死守するPOWER METAL。数年ぶりの新譜から新たな挑戦を見せる1曲。メンバーの挨拶つきで紹介。

それなりに名の知れたメタル・バンドのメンバーが集まって結成されたテクニカル且つヘヴィなうねりを持つESCHER'S KNOT。インド・メタル界注目のバンドのひとつ。

スリランカの伝統楽器を駆使したフュージョン・バンド、THRILOKA。クールなジャズと熱いロックな魂が炸裂する素晴らしいバンド。

スリランカのメタルを背負うSTIGMATA。6月にリリースされた新譜からドラマティックな曲を。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.64」2010年8月8日
M 1.STIGMATA --- The Summoning Cry Of Aries (SriLanka)
M 2.BLIND IMAGE --- Allegiance In Defiance (India)
M 3.LUNARIN --- The Tower (Singapore)
M 4.THROB --- Self Pity (Singapore)


スリランカのトップに君臨し、今後のスリランカ・メタルを担う重要バンド、STIGMATA。スリランカの音楽会を揺るがす3枚目のフル・アルバムをリリース。

グルーヴとテクニカルなリフでタイトにキメてくるインドはチェンナイのBLIND IMAGE。一段とパワーアップした2枚目のアルバムから。

8月後半に、2枚目のアルバム・リリースを控えているシンガポールのLUNARIN。Tori Amosから影響を受けたヴォーカルとゴシック、オルタナティブそしてプログレッシブなバッキング。

THE OBSERVATORYでも活躍するメンバーが1998年に結成したジャズ、ファンク、そしてラテンの要素が入ったグルーヴィ且つプログレッシブなバンド。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.63」2010年7月11日
M 1.PSYCHEDELIC SUN --- Crazy Night Bird (Korea)
M 2.SCRIBE --- RSVP (India)
M 3.XANADOO --- Subterranean Hemorrhoid Blues (Singapore)
M 4.LESLIE LOW --- The Ground (Singapore)

Jimi Hendrixを崇め、60年代から現代までのサイケデリック/グラム/グランジに影響を受けた、韓国のロック・トリオ、PSYCHEDELIC SUN。2010年のデビューEPから紹介。

テクニカルなメタルコア・サウンドが爆発したアルバムで2010年、インドのメタル界を湧かせたバンドの一つ、
SCRIBE。

シンガポールの若手爆走スラッシュXANADOO。アルバム・リース前から世界で話題となっていたバンドがようやくデビュー・アルバムをリリースしました。

シンガポールの知的技巧派集団THE OBSERVATORYのLieslie Lowがリリースした3枚目のソロ・アルバム。インドの宗教的哲学者にして教育者のジッドゥ・クリシュナムルティが言うところの"The Ground"に触発されて製作された65分の宇宙的神秘。アルバムの導入部分を紹介。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.62」2010年5月30日
M1.SALEM --- Drums Of The Dead Pt.1 (Israel) 
M2.LESLIE LOW --- All Things New (Singapore)
M3.SUICIDE SOLUTION --- Slow Me Down (Singapore)
M4.DIXIE FERDINANDS --- Samurai (Singapore)

80年代半ばからイスラエルのアンダーグラウンドに君臨し、時代を飲み込み成長を続けるSALEMが放つ貫禄のアルバム。パーカッシヴなプレイが注目のオープニング・ナンバーを紹介。

HUMPBACK OAK、THE OBSERVATORYとシンガポール音楽界の先端をいく男、Leslie Lowのソロ・アルバム第二弾はオーガニックなフォーク!

80年代アメリカン・ハード・ロックをベースに己の道を貫くJoe Suicide率いるSUICIDE SOLUTION。エネルギッシュなロック魂を感じろ!

Joe Suicideの父親、Dixie Ferdinandsもまた生粋のロッカー。60年代からシンガポールの音楽シーンで活動を続けてきた男は「侍」をテーマに一体どのような楽曲を作ったのか。是非お聴きください。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.61」2010年5月11日
M1.ARRYAN PATH --- Terra Incognita (Cyprus) 
M2.BHAYANAK MAUT --- Ungentle (India)
M3.LESLIE LOW --- King Poena (Singapore)
M4.HANUMPA --- 毒感 (Korea)

キプロスのメタルを代表するLeptos兄弟のメタル愛に満ちたARRYAN PATHのセカンド・アルバム。中東メロディが印象的な正統派で攻めてくる。あっぱれメタル・ブラザーズ!

インドから注目のメタルコア、BHAYANAK MAUT。2009年のデビュー・フル・アルバムから。分厚い音の壁に潰されて圧死間違いなし。

90年代にHUMPBACK OAK、現在はTHE OBSERVATORYの重要人物として注目を集めるシンガポールのLeslie Low。豊富なアイデアと知性の源泉となる男が、2005年にリリースしたソロ・アルバムから一曲紹介。

馬頭琴奏者を擁する韓国のサイケデリック・ロック・バンド、HANUMPA。ときにフォーキーに、プログレッシヴに、ガレージ風ロックンロールで決める注目バンド。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.60」2010年4月4日
M1.LETHAL SAINT --- Heavy Metal Knights (Cyprus)
M2.THE OBSERVATORY --- Killing Time (Singapore)
M3.PHONEBOOTH --- It Is Your Mind (Korea)
M4.FROM.UZ --- Desert Circle (Uzbekistan)

2010年、生きる化石と言われようがなんだろうが、気にしない。80年代メタルの血統を死守するキプロスの若手、LETHAL SAINT。音程やリズムがヤバくても迸るパッションで聴かせるぜ!80'sのマイナー・メタルに熱くなっている方、是非どうぞ。

ブルーズとジャズをベースに愁いを帯びた空気と洗練された楽曲。シンガポールのTHE OBSERVATORYはデビュー時からインテリジェンス溢れている!

タイや台湾のフェスティヴァルへの参加の他、来日も果たしている、英国風韓国のレトロモダン・ロックンロール・バンド、PHONEBOOTH。2009年のデビュー・アルバムからブルージーな曲を。

メンバー・チェンジと共に若干の改名をしたウズベキスタンのFROM.UZ。相変わらずの大作指向だが、緊張感のある動パートから美しい静のパートまで作り込まれているので、アルバムの最初から最後まで一気に聴かせる。
アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.59」2010年2月27日
M1.DEMONIC RESURRECTION --- A Tragedy Befallen (India)
M2.THE OBSERVATORY --- Failed Recollections Of A Fool (Singapore)
M3.MILITANT ATTACK --- Corruption (The New Mayhem) (Malaysia)
M4.BORA USLUSOY --- Umutsuz Aşk (Turkey)

ついにリリースされたインド・メタル界のKeyとなるバンド、DEMONIC RESURRECTION。残虐さとドラマティックさが見事に融合され、世界進出のきっかけとなる注目盤。

シンガポールの知的芸術家集団THE OBSERVATORYが2005年にリリースした2枚目のアルバムから。プログレ・ファンからポスト・ロック・ファンまでを虜にするバンド。

マレーシアはサラワクのスラッシュ・メタル・バンド、MILITANT ATTACK。2009年のデモから。

トルコのギタリストBORA USLUSOY。ポップやブルーズをスマートに作り上げてくる人物だが、ここはやはりトルコ・ロックならではの哀愁ナンバーを1曲。