INFERNO REQUIEM “Moon” EP サイン入り

INFERNO REQUIEM “Moon” EP サイン入り

販売価格: 1,000円(税込)

数量:
月の美しさを讃え 神秘性に畏怖する
けれど何を知っているというのだ
人は何処から来たのか
それさえもわからない
今の俺たちは一部の者に操られているだけ
何もかも仕組まれている この思考さえも
呪縛から自らを解き放ち 本来の姿へ立ち返れ

血を流しながら自らの孤独をえぐり、浮き彫りにされたものは……
またしても、孤独!
INFERNO REQUIEM、孤独の肖像第2弾。
削ぎ落とされた北欧ロウ・ブラックメタルを源流に、そこはかとなく漂う米国ディプレッシヴさと東亜細亜の要素を加えながら純然たるブラックメタルで真実を追い求めるも、台湾においては孤立無援のFog。その惨状さ故、ファースト・アルバムを発表後に暫しの間、鳴りを潜めてしまう。が、彼の純黒無垢なロウ・ブラックメタルへの熱情は抑え難く、ファンの後押しもあって再び独りきりの戦いを挑み始めた。
今作は、東洋神話と陰謀にまつわる歌詞。そして音楽面ではINFERNO REQUIEMのアトモスフェリックな側面に焦点が当てられている。
月魄、月読命、嫦娥、桂男、かぐや姫、蟾蜍、兎…… 闇の間に浮かび月華に読まれた物語は、時の流れとともに朔望し、嘯風弄月の語り部をも翻弄してきた。そしてその月を取り囲む多くの謎と放たれる神秘性は本作に乗り移って妖しい魔力を帯びている。ふと気付けば、月だけを残して何もかもを覆い尽くし、息が詰まり呻くほど立ち込める黒い靄。その陰鬱で際限なく広がる闇は陰謀の深さを知らしめ、薄情に刻むリズムが疎外感に拍車をかけて聴く者を追いつめていく。
打ち捨てられた心に信じられるものと真実は見つけられるのだろうか。今再び孤独という事実に対峙する時。

デジパック仕様
2016年発表

収録曲
01.Vein 8:14
02.Monolith 5:50
03.Moon 7:31
04.Coven 5:00

アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.86」にて紹介。
YouTubeでの視聴は こちら

サンプル動画はEPのプレヴュー。

Facebookコメント