EFEK RUMAH KACA “Sinestesia”

EFEK RUMAH KACA “Sinestesia”

販売価格: 1,500円(税込)

数量:
その熟成され始めたサウンドは極上ビンテージのブルゴーニュ産ピノ・ノワールを思わせるシルキーさをもって滑らかに耳に流れ込む。程よくエイジングされているのに瑞々しさは失われず、優雅に広がる芳香にはスパイシーさも若干混じり始める。また、柔らかさのみならず、歌詞に起因する上品な酸味でグッと締めて、インドネシアという土地柄からくるミネラル感も豊か。つまり、あらゆるマニアの耳にも見事なマリアージュを見せてしまう2015年の逸品。

バンド自身の過去の曲を再構築して新しい作風に生まれ変わらせたプロジェクト、PANDAI BESIを経験して、約7年ぶりに発表されたこの3枚目のアルバムでEFEK RUMAH KACAは飛躍的な進歩を遂げている。従来通り3人のメンバーを基本として、今回はフルートやトロンボーン等の管楽器、ピアノ、セロ、ギター、バックコーラス要員合わせて十数名(PANDAI BESIのメンバー等)の協力を得て制作。しかし、この大所帯による演奏は決して暑苦しくもなく、押し付けがましくもなく、音の空間を大切にしたふくよかさに結実している。
深い洞察力を持って語られる、政治(選挙や腐敗)、経済や音楽業界、スハルト政権末期の人権侵害、マスメディアに対する批判、死と生、宗教の多様性や調和…… それらをテーマ別に2、3曲のメドレー形式でひとまとめにして6つのトラックに分け、それぞれに赤、青、赤支子、緑、白、黄の6色を当てている。これは2010年頃から視覚障害を患ってしまったベーシストが曲を聴いて見えてきた色である(まさにタイトル通り“共感覚/Synesthesia”なのだ!)。果たしてあなたにはどんな色が見えるだろうか。

歌詞、ステッカー、イラストカード等を収めた特殊紙箱仕様
2015年発表

収録曲
01.Merah:Ilmu Politik~Lara Di Mana-mana~Ada-ada Saja 11:21
02.Biru:Pasar Bisa Diciptakan~Cipta Bisa Dipasarkan  9:53
03.Jingga:Hilang~Nyala Tak Terperi~Cahaya,Ayo Berdansa..  13:29
04.Hijau:Keracunan Omong Koson~Cara Pengolahan Sampah 7:46
05.Putih:Tiada~Ada  9:46
06.Kuning:Keberagamaan~Keberagaman  12:17

他の写真

  • Photo by ARR
  • Photo by ARR
  • Photo by ARR

Facebookコメント