INDenial "INDenial" サイン入り

INDenial "INDenial" サイン入り

販売価格: 1,600円(税込)

数量:
手をもがれ 足をもがれ
目を塞がれ 口を閉ざされ
絶望に苛まれ
徐々に狂気が蝕んでいく
灰色にくすむ 僕ら 香港 未来
押し出されるように故郷と決別する人々
空っぽの町 名ばかりの 空っぽの町
響き渡る卑しい声
金銭的価値を超えた輝く夜景
はつらつと燃える太陽が
再び戻ることはあるだろうか
名もなく 権力もない ちからない者たちのちから
今はただそれを信じる

1997年。イギリスから中華人民共和国へと返還され特別行政区となってからは絶えず揺さぶられ続ける香港。名だたる世界都市ではあるものの、皮肉な運命に左右され、その魅力に魔の手が伸びる。押し寄せる中華思想。金融、不動産はおもちゃにされ、つのるばかりは閉塞感。若者たちはデモで立ち上がる者も少なくないとはいえ、ついには、一縷の望みにかけてこの地を永遠に離れる決意をする人々が後を絶たない状況となった……

そんな瀬戸際で揺れ続ける現在の香港社会に問題提起するバンドがこのINDenial。
スラッシュ・メタルを基本軸に、SLAYERやPANTERAを彷彿させるフレーズから、メタルコアやデスメタルの要素で憤りや狂気を、さらに香港を憂うかのようなエモーショナルなヴォーカル・パートも織り交ぜて香港人の抱える複雑な状況と心情を伝えていく。

ボックスの中にはCDと絵葉書を模した歌詞カードが収められている。その絵葉書の写真は、現在の香港の状況を克明に捉えたものであり、同時に各曲の主題を表したものとなっている。

ドラムはLeung Kin Man(DEPARTING CROSS〜KING LY CHEE〜EVOCATION)。
ヴォーカル&ベースはWolf Suen(SYNERGY)。
本アルバムのエンジニアを努めたのは元KING LY CHEEのBrian Wongだが、彼はアルバム発売後にツアー・メンバーとしてステージ上でベースを弾くことになった。

これまでに、WARBRINGER、REVOCATION、KREATORなどの前座を努めた経歴もある。

2017年発表のファースト・アルバム
特殊ボックス仕様

収録曲
01.Dying Easier Than Living 3:47
02.Eye For An Eye 5:31
03.Siren 5:36
04.Black Cross 3:55
05.Serial Murderer 4:35
06.Deadly Carnival 3:43
07.Alive 6:02
08.Unbroken 5:01
09.Leaving Home Forever 3:00

アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.97」にて「Leaving Home Forever」を紹介。さらに詳しい情報をお伝えしてます。
YouTubeでの視聴は こちら
YouTube上での番組アーカイヴは こちら

サンプルは、2018年8月にEXPLOSICUM(中国)の前座を務めた時に演奏した「Deadly Carnival」。

Facebookコメント