BLACK KIRIN "Nanking Massacre(金陵祭)"

BLACK KIRIN "Nanking Massacre(金陵祭)"

販売価格: 1,600円(税込)

数量:
戦争には懐疑的であること
そしてその犠牲者たちを忘れないこと

2015年のデビューEP以来、中華の歴史をテーマにして音楽制作を続けてきた中国のBLACK KIRIN(黑麒)。

2017年に発表された本アルバム『Nanking Massacre(金陵祭)』は、その名の通り『南京大虐殺』という物語を取り上げたコンセプト作品。

バンドが『南京大虐殺』を取り上げた理由は、まず、中国における代表的な悲劇であること。そして他の国々にも戦争による悲劇はあるだろうとし、この作品を通して戦争を用心深く見つめその犠牲者を忘れないようにという意図によるもので、けっして加害者への憎悪を煽るためではない、とのこと。

今作はヴォーカリストにANTHELION(台湾)のCodeを迎えて制作。さらに、古筝、二胡、琵琶、笙、笛子(ディーズ)、簫(ショウ)、唢呐(スオナ)、塤(シュン)、管子(グアンズ)といった伝統楽器、さらには京劇の要素も取り入れた中華的エクストリーム・フォーク・メタル。

何はともあれ、悲劇を演出する描写は冴えていて、物語を劇的に盛り上げる技には長けているとは言える。

2017年発表
デジパック仕様

収録曲
01.1937 1:43
02.大曲(The Song) 9:38
03.招魂(Evocation )1:24
04.恶业(Bad Karma) 7:40
05.奈何(Nai He) 5:32
06.忘川(Wangchuan River) 8:02
07.千年(Thousand Years) 3:49
08.投名状(Death Contract) *ボーナストラック 7:05

「大曲(The Song)」

Facebookコメント