IN IT “None Of That Matters”

IN IT “None Of That Matters”

販売価格: 1,300円(税込)

中国は雲南省からヴァイオリン入り、インスト・ポスト・ロック/シューゲイズ、IN IT。
メンバーはLuo Keju(ギター/ベース)を中心に、Joeya(ヴァイオリン)、Baishui(ギター/管楽器)。ザラついた感触の耽美な楽曲にヴァイオリンがかなりの比重で入ってきてオイシイわけですが、実は、あのBaiShuiの奏でる牧歌的な笛の音色こそが、その他のバンドとは趣を異にしているんです。でも、それもすべてはLuo Kejuの作曲能力の賜物ってことで、彼の今後に注目。

それ は 虚ろだった
それ は 色すらもたなかった
     それでも脳裏に焼きついて

いくせんもの 言葉を集めてみても
いくまんもの 星を飾り立ててみても
       いくらも近づきはしない

それ は 胸を焦がし 肉体を燃やし
皮膚が焼け 爛れる匂いに 耐え忍び
ようやく
内的世界が 無惨なまでにあらわになる

それ は それは 内にあった のだ

その中で
いまこそ帰途につこう
打ち寄せる波が すべてを消してしまう その前に

その中で
きらびやかに呼び 起こされる
ぼくらがなしえることができたすべて の こと

その中で
こぼれ 落ちる無数の ことのは
もはや 口を開くこともないの だから

その中に
あの道 あの空 あの潮騒
あの声 あの人 あの眼差し

大切な ものは いつだって その内側に 存在する

だのに

どうでもいい ことなんだ そんな ことは
どうでもいい       そんな ことは
どうでもいい           ことは
       こ と は
                                   
2011年リリース。
デジパック仕様。

収録曲
01.We Don't Speak Anymore 10:12
02.Zobeide 8:08
03.All We Could Have Done 9:44
04.Homeward 6:04
05.None Of That Matters 10:46

Facebookコメント