ANURYZM "Worm's Eye View"

ANURYZM "Worm's Eye View"

販売価格: 2,200円(税込)

あのMartin Lopezを! あのSteve DiGiorgioを! あのTEXTURESをも魅了したプログレッシヴ・メタルがアラブ首長国連邦(UAE)から出現!

その演奏を聴いた者達から「A New Rhythm!」と絶賛されたレバノン出身のギタリスト、John Bakhosが2003年から始まった長い旅の末にたどり着いた新時代への扉。

複雑でテクニカルなのに根底に流れるヘヴィなグルーヴ、咆哮と琴線を揺さぶる旋律を対比させながら人を見つめる歌、ダークな叙情性、当世風メタルのオイシいところを絶妙なバランス感覚で注ぎ込んだプログレッシヴ・メタル、それがANURYZM。

メロディアスに入り組み、刻み込まれるJohn Bakhosのギター。強烈なグロウルからハートを鷲掴みにするキャッチーな中高音までのレンジを自在に操るNadeem Bibbyの喉。ときに表、 そしてに裏からも組み合うジャズ畑のベーシストRami Lakkis。そしてその変化自在のサウンドを、しなやか且つ堅固に支えるのはゲストとして参加したMartin Lopez(AMON AMARTH、OPETH、SOEN)!

扉を開け放ち、その向こうから新時代の風を呼び入れろ!

2012年に聴いておくべき重要な一枚。

*今作はゲストとしてMartin Lopez(AMON AMARTH、OPETH、SOEN)がアルバム全編に渡りドラムを叩く他、TEXTURESのキーボーディストUri Dijkが7曲目のBreaking The Ballotに参加。

CDは2012年リリース。

収録曲
01.Fragmenting The Soul 5:43
02.Wide Awake 5:33
03.Sintax Of Trinity 7:01
04.Sky Gazing 6:00
05.Worm's Eye View 4:49
06.Killing Time 4:06
07.Breaking The Ballot 8:13
08.Where Mockery Falls 11:52

アジアのバンドの音源が聴けるネットラジオ
「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING vol.78」にて紹介。
YouTubeでの視聴は こちら

=~=~=Short Basic Interview with all ANURYZM members=~=~=

--- Nadeem Michel Bibby (All Vocals Clean and Growling) ---

1.Where were you born? Where did you grow up?
I was born in London, England. I grew up in London and in Abu Dhabi, U.A.E. I have lived in Europe and in the United States for studying and work.

2.Musical Influences:
I grew up on 80’s pop and electronic music and early metal such as Black Sabbath, Iron Maiden etc. My favorite metal band is Pantera. I am also very influenced by Japanese video game composers such as 古代 祐三, Koshiro Yūzō and 光田 康典 Mitsuda Yasunori.

3.Previous Bands:
I was in a band in high school years with John and it was called Dog Faced Gods. I did various musical projects as a guest vocalist or drummer. I also have my own solo project which may come back to life one day.

4.What does progressive music mean to you:
For me it means an ever evolving sound with mature compositions and very skilled musicianship.


--- John Bakhos (All Guitars/Synth Programming) ---

1. Where were you born? Where did you grow up?
I was born in Beirut, Lebanon, I grew up in Lebanon and the U.A.E.

2. Musical Influences:
Anything progressive, psychedelic and unfamiliar.

3.Previous Bands:
Dog Faced Gods (With Nadeem), Lamagra, Ordum (Still Active)

4.What does progressive music mean to you:
A journey that can take your mind to places it would not normally go.


--- Rami Lakkis (Session Bassist) ---

1.Where were you born? Where did you grow up?
I was born in Dubai, U.A.E. but I am originally from Lebanon

2.Musical Influences:
It is a huge list but I shall name a few bass players who influence me: Jaco Pastorius, Matthew Garrison, Linley Marthe, Hadrien Feraud, Michel Alibo and Ray Brown.

3.Previous Bands:
I mainly work in the corporate music scene and circulate with freelance musicians. Some of the original bands that I session with are Blue Light Collective, Afif Trio, Melisa Le Rue, Bull Funk Zoo, Absolace and of course Anuryzm. I also have my own personal project which is self titled as well as a live electronic music project called “Kromozom Beats”

4.What does progressive music mean to you:
You can find progressiveness in almost every type of music.


--- Jay Jahed (Synth) ---

1.Where were you born? Where did you grow up?
I was born and grew up in Beirut, Lebanon. Part of my childhood was also spent in Cyprus and France.

2.Musical Influences:
I am influenced by classical musicians such as Wagner, Mozart and Beethoven. As far as metal is concerned, Savatage, Dream Theater (and Liquid Tension Experiment), Symphony X, Helloween, Stratovarius, Porcupine Tree, Tool, Perfect Circle. I am also a great fan of electronic and ambient music, mainly in the confines of the Asian Underground and Lounge genres.

3.Previous Bands:
Dilemma (Beirut, Lebanon) from 2001 until 2005 (Synths), Dokha Sessions (Dubai, UAE) 2012 (Current side project. Percussions and Synths.)

4.What does progressive music mean to you:
I find myself imagining a certain scene whenever I am listening to a prog song, and I can feel that my mood and feelings are somewhat aligned to the variations in the actual song.


--- Imad Dahleh (Drum) ---

1.Where were you born? Where did you grow up?
Born in Kuwait. I was raised in Kuwait, Jordan, and the US.

2.Musical Influences:
Metal: Opeth, Katatonia, Textures, Leprous, Atomship, Tool, Tesseract, Riverside, Porcupine Tree, Animals As Leaders, and Mike Patton's projects / record label.
Hip-hop: Aesop Rock, Blueprint, Brother Ali, MF Doom, Deltron 3030, Del the Funky Homosapien, Heiruspecs, Hieroglyphics, Weerd Science, Jurassic 5, and A Tribe Called Quest.
Other: Frank Zappa, Miles Davis, Jello Biafra, Trevor Dunn, Bela Fleck, Wookiefoot, Al di Meola, and Sound Tribe Sector 9

3.Previous Bands:
Virus, The Elementalz, Ouroroborus, and Before the After.

4.What does progressive music mean to you
The true meaning of progressive is when the music is complex, experimental and based on pseudo rhythms with odd measures.


--- Miltiadis Kyvernitis (Producer/Rhythm Guitar (Live)) ---

1.Where were you born? Where did you grow up?
I was born in the Philippines in Cebu City. I'm half Cypriot and half Filipino. I was raised in United Arab Emirates.

2.Musical Influences:
Metallica, Machine Head, In Flames, Beethoven, Michael Jackson.

3.Previous Bands?

Private Government (still active)


4.What does progressive music mean to you?
So much variety is offered in this genre that it keeps people listening. Personally, I love good old thrash and heavy metal, but that's the younger side of me. Progressive metal is probably the most 'mature' of metal genres and it's something I can relate to so easily, especially the older I get.

5.When did you set up MNK studios, and why?
I'm an audio engineer by profession. I provide mixing and mastering services, and when I started back in 2001, I was doing mainly live gigs, though I'd trained for studio work. I recorded my first official studio track in 2003, which was the first metal track to be aired on national airwaves here. In 2005 I decided I wanted to set up a home recording studio to cater to local bands, and since then have been doing so, as well as working with international acts. Currently, MNK Studios provides post production services to corporate clients and the like, but when it comes to music, it's the second home of many musicians.

以下はFM yokohamaの番組『ROCK DRIVE』のブログ内コーナー「アジアン・ロック通信」用に書いた文章です。
===========================================================================
実のところ、日本の天然資源は注目に値する素晴らしいものが眠っていると言われて久しいが、「優れた人材だってまだまだ日本には存在しているはずだ!」と思いたいそんな今日この頃。ま、それはさておき、資源と言えば、中東の天然ガスと石油の埋蔵量。特に、アラブ首長国連邦のアブダビは石油で、そしてドバイはドバイ・ショック等がありつつも目覚ましい経済発展という二代看板を掲げているのは凄いことだと思う。

では、メタル・バンドとなるとどうだろう。日本のメタル・ファンにその名が知れ渡っているのはNERVECELLぐらいかもしれない。けれども、 DEF LEPARDやIRON MAIDEN、 METALLICAがツアーで訪れる地であり、6月26日にはJON OLIVA’S PAINもその地をツアーに組み込んでいるからして、メタル・ファンはもとより、バンドだってもっといるはずだと考えるのが妥当だろう。

今回は5月4日にAVENGED SEVENFOLDの前座を務めたばかりのプログレッシヴ・メタル・バンド、ANURYZM。近い将来、NERVECELLと並んでアラブ首長国連邦を代表するバンドとなるはずの彼らに触れてみたい。

ANURYZMはドバイとアブダビにメンバーが住んでいるようだが、外国籍の住民がそのほとんどを占めると言われるこの国らしく、彼らが生まれ育った場所は多種多様である。しかしこのANURYZM、バンドと言うよりは、ギタリストであるJohn Bakhosが旧友であるNadeem Michel Bibbyなるヴォーカリストと共に進めたプロジェクトという要素が色濃い。

少し歴史を遡ってみよう。

時は2003年、まだメタルという音楽が一般的に受け入れ態勢が出来ていなかったレバノンで、John Bakhosが大学生時代の仲間と結成したバンドが始まりだという。当時のメンバーはSami K.、Roger M.、Bernard M.、そしてJohn Bakhosで、約一年後には、カヴァーの他、オリジナル曲も制作し、レバノン国内で行われたフェスティヴァルにも参加している。バンドはデモの制作にも着手するが、未完のまま、John Bakhosはトルコ、そしてカナダへと移ってゆく。

2005年11月。リズム・ギターを担当していたBernard M.の訃報を受け取ったことにより、John Bakhosは自分の人生を見つめ直すことになるが、音楽を続けて行く事が最良の選択だと彼は考えた。とは言っても、自分の状況を鑑みるにレバノンでのバンド活動は不可能。どこか他の地で他のメンバーを探す必要があった。彼はカナダでライブを幾度か行いながらも、自分の思い描くスタイルに相応しいメンバーを探していたのだが、適任のシンガーは見つけられなかったという。それでも再出発を夢見てJohn Bakhosはレコーディングを開始。しかし、その直後、カナダを離れなくてはいけない事情が出来てしまった。彼は作業のすべてを中止することを余儀なくされる。

その後、John Bakhosは失意に沈んだままアラブ首長国連邦へやってくるのだが、彼が大ファンであるというドラマーのMartin Lopez(AMON AMARTH、OPETH、SOEN)に、自分の作品を聴いてもらうと、「君の音楽のファンになったぜ!」というメッセージが返ってくる。そのままの勢いで「アルバムで叩いてみないだろうか」と尋ねてみたところ、Martin Lopezは快諾。John Bakhosはこのプロジェクト再建への希望の光を見出すのだ。

実は、このアラブ首長国連邦にはJohn Bakhosが高校生活時代に共にバンド活動をしていたNadeem Michel Bibbyというイギリス生まれのヴォーカリストがおり、彼の才能が強烈に印象に残っていた為、すぐさまプロジェクトに引き入れ、意気投合したこの二人が中心となって、これまで書いてきた曲を仕上げていった。そしてレコーディングの為に、この国のジャズ/フュージョン界でその名を知られるドバイ生まれ(元をたどればレバノンだとか)の敏腕ベーシストRami Lakkisの想像力豊かなフレーズ・センスを見込み、声をかける。さらには、テクニカルな楽曲で知られるオランダのTEXTURESのキーボーディスト 、Uri Dijkに1曲ゲスト参加してもらうことで、レコーディング・メンバーが揃った。

レコーディングは、Martin Lopezのドラムはスウェーデン、その他のほとんどはアラブ首長国連邦内とは言っても、ヴォーカル、エレキ・ギター、アコースティック・ギター、すべて別の場所で行われ、ミキシングとマスタリングに至ってもレコーディング・スタジオとは別のスタジオを使用しているため、かなり大変な作業となったようだが、音質は申し分なく仕上がった。そう、ついにJohn Bakhosは長い旅の末、2011年後半にデビュー・アルバム『Worm’s Eye View』を完成させたのだ。

緻密入り組みながらもメロディアスに奏で刻み込んでくるJohn Bakhosのギターに、咆哮と中高音で琴線を揺さぶるキャッチーな旋律を対比させながら人間を見つめるNadeem Michel Bibbyの歌。複雑なリフに絡み付くジャズ畑出身ならではのベース、その変化自在の楽曲を熟達したMartin Lopezのドラムがしなやか且つ堅固に支える。 メロディアスでテクニカル、プログレッシヴにしてグルーヴも感じさせ、時にOPETHのようなダークでミステリアスな叙情性をもみせる今様のメタルの魅力を満遍なく配置した絶妙なバランス感覚。その作品の頭一つ突き出たレベルの高さに昨年末から中東圏の国々を始めとして世界各地へ“ANURYZM凄し!”の噂が波及している。これは2012年に押さえておきたい中東諸国からの話題の一枚。

なお、当初ANURYZMは、 John Bakhosと Nadeem Michel Bibbyを中心としたプロジェクトとしてアルバムを制作するだけのバンドの予定だったようだが、取り巻きからライブを希望する声もあり、現在はライブを行う為の、そして今後のアルバム制作の為のメンバーを固める事になった。Nadeem Michel Bibby(ヴォーカル)、John Bakhos(ギター)、Rami Lakkis(ベース)といった『Worm’s Eye View』のレコーディングに参加したメンバーに加え、アルバムのミキシングとマスタリングを担当したMNK studioのエンジニアであるフィリピン生まれでキプロス人との混血でもあるMiltiadis Kyvernitisがリズム・ギターとして、クウェート生まれでヨルダンやアメリカを点々としてきたドラマーのImad Dahleh、レバノン生まれでキプロスやフランスを渡ってきたJay Jahedをキーボーディストとして迎え入れている。

現段階では未定とは言うものの、アルバムの完成度の驚いた海外の音楽関係者から、フェスティヴァルやツアーの誘いも受けているという話も聞いている。さらには、すでに次のアルバムの為の曲作りも開始しているとメンバーは話している。これから加速するであろう彼らの活動からは目が離せない。
===========================================================================

Facebookコメント