BLOODY TYRANT(暴君) "Solitary Eagle(孤鷹行)"

BLOODY TYRANT(暴君) "Solitary Eagle(孤鷹行)"

販売価格: 2,000円(税込)

数量:

商品詳細

また独りとなった私は山へと帰る
人は自然のともにあらねば生きてはいけない
多くの恩恵と手厳しい仕打ち
畏怖の念を持ちながら
あの天高く舞う鷹や鷲のように
気高く自由に そして強く生きたい

ファストでアグレッシヴなブラックメタルとしてデビューした台湾のBLOODY TYRANT(暴君)はPipa(中国の琵琶)を導入し、台湾の伝承をテーマにすることで約10年の歳月をかけて徐々にフォーク・メタルへと変貌を遂げてきた。

3rdアルバムとなった『Solitary Eagle(孤鷹行)』ではチェロやPipa(琵琶)を用いてフォーク/メロディック・ブラックメタルが構築されているのみならず、シンフォニックな要素も持ち込まれている。

ここで彼らが表現したのは山林の神秘と猛威、人々の信仰と失われた神話。このテーマの基になったのは、文筆家Hsu Ru-Lin(徐如林)の散文『孤鷹行(Solitary Eagle)』(1993年)。彼女は山岳ガイド、古道探訪など山岳文化史跡の調査を行ってきた人物。『孤鷹行』には、好奇心と探究心にあふれる彼女が大学時代の登山で出会った人々や遭遇した出来事を通して考えたことなどが綴られている。

Frandé(法蘭黛樂團)の女性ヴォーカリストFran 法蘭が「焦土」にゲスト参加。

*ヴォーカリストの饒亞哲はDARK CHARYBDISでも活動中。

2017年発表

収録曲
01.遠望(Gazing Far into the Mountain) 5:35
02.步履(Far Journey) 5:04
03.荊棘(Thorns) 5:56
04.落葉(Fallen Leaves)4:58
05.驟雨(Cloudburst) 4:33
06.山洪(Torrential Flood) 6:28
07.振翅(Eagle Fly Free) 5:24
08.焦土(Devastation) 8:28
09.遠望 [Orchestral Version] 4:15
10.步履 [Orchestral Version] 4:58
11.荊棘 [Orchestral Version] 5:35
12.振翅 [Orchestral Version] 5:22

サンプル動画は「振翅(Eagle Fly Free)」のMV。

Facebookコメント